サウラ(読み)さうら(英語表記)Carlos Saura

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サウラ
さうら
Carlos Saura
(1932― )

スペインの映画監督。アラゴン近郊ウェスカに生まれる。少年期にスペイン内戦の悲惨さを体験。18歳ごろから写真を業とし前衛美術家のグループに加わる。国立映画研究所(1947年開設)を卒業、処女作『非行少年』(1959)で一躍国際的に認められた。体制批判、ブルジョア階級を残酷な造型美で描いた作風は、その後の彼を決定づけ、『快楽の園(その)』(1970)、『従妹(いとこ)アンヘリカ』(1973)ではフランコ政権の壁の厚さを取り上げた。フランコ死後の1970年代後半から夢と現実のなかで真実を求める方法が生まれる。『血の婚礼』(1981)、『カルメン』(1983)、『恋は魔術師』(1985)では、フラメンコ舞踊の振付師アントニオ・ガデスとともに、スペインだけがもつ独自の世界を追求している。ほかに『エル・ドラド』(1987)、『歌姫カルメーラ』(1990)、『愛よりも非情』(1993)がある。[鳥山 拡]

資料 監督作品一覧

非行少年 Los golfos(1959)
狩り La caza(1965)
ペパーミント・フラッペ Peppermint Frapp(1967)
快楽の園 El jardn de las delicias(1970)
従妹アンヘリカ La prima Anglica(1973)
カラスの飼育 Cra cuervos(1975)
ママは百歳 Mam cumple 100 aos(1979)
急げ、急げ Deprisa, deprisa(1980)
血の婚礼 Bodas de sangre(1981)
カルメン Carmen(1983)
恋は魔術師 El amor brujo(1985)
エル・ドラド El Dorado(1987)
歌姫カルメーラ Ay, Carmela!(1990)
セビジャーナス Sevillanas(1991)
マラソン Marathon(1992)
愛よりも非情 Dispara!(1993)
フラメンコ Flamenco(1995)
タクシー Taxi(1996)
タンゴ Tango(1997)
ゴヤ Goya en Burdeos(1999)
ブニュエル ソロモン王の秘宝 Buuel y la mesa del rey Salomn(2001)
サロメ Salom(2001)
イベリア 魂のフラメンコ Iberia(2005)
ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い Io, Don Giovanni(2009)
フラメンコ・フラメンコ Flamenco, Flamenco(2010)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サウラの関連情報