コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サキシマハマボウ portia‐tree

2件 の用語解説(サキシマハマボウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サキシマハマボウ【portia‐tree】

熱帯域の海岸に広く見られるアオイ科の常緑小高木(イラスト)。枝はよく茂り,10m余りの高さになる。葉は基部に早落性の托葉のある長い葉柄を有し,葉身は革質,円卵形で基部は心形となり,ポプラの葉に似ている。葉腋(ようえき)から径5~8cmほどの黄色5弁の花を出す。花の底部は紫紅色をしているが,夕刻閉花するときになると全体がその色に染まる。熱帯域では周年開花する。果実はやや扁平となった球形で,径2~3cm,有毛の種子を有し,海水に浸っても種子の発芽力はなくならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サキシマハマボウの関連キーワード雀鯛象水母立葵玉羊歯這杜松黄槿葵貝蓮の葉桐蓬莱羊歯熱帯性スプルー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone