コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ササウオタマバエ(笹魚玉蠅) ササウオタマバエHasegawaia sasacola

1件 の用語解説(ササウオタマバエ(笹魚玉蠅)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ササウオタマバエ【ササウオタマバエ(笹魚玉蠅) Hasegawaia sasacola】

双翅目タマバエ科の昆虫。幼虫はササの側芽に長さ4~40cmのタケノコに似た虫えいをつくる。この虫えいは江戸時代から笹魚として知られている。笹魚には,ひとりでに谷川に落ちてイワナになるという伝説があり,橘南谿の《東遊記》や木村蒹葭堂の《蒹葭堂雑録》(1856)などにその記述が見られる。また長谷川忠崇はこの伝説に疑問をもち,その構造を調べ,骨も肉もなく焼いても魚の臭気のないことを確かめて〈是れ竹の病ならん〉と《飛州志》(1745ころ)の中に記している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone