コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘南谿 たちばななんけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘南谿
たちばななんけい

[生]宝暦3(1753).4.11. 伊勢
[没]文化3(1806).4.10. 京都
江戸時代後期の医者,国学者本姓宮川氏。名は春暉。別号は梅華仙史。医学を香川修庵,賀川玄悦,畑柳安に学ぶ。天明3 (1783) 年,彼の主宰で行なった解剖の記録「平次郎臓図」 (吉村蘭洲筆) は解剖絵巻として初期のものに属し,江戸時代の解剖図の描き方の原型となった。医学書のほか,地誌も著わした。主著『傷寒論分註』 (91) ,『東遊記』 (95~97) ,『西遊記』 (95~98) ,『北窓瑣談』 (1825~29) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐なんけい【橘南谿】

[1753~1805]江戸中期の医者・文人伊勢の人。本名、宮川春暉(みやがわはるき)。字(あざな)は恵風。別号、梅仙。京都で漢方医学を学び、文学にも造詣が深い。全国を遍歴して「西遊記」「東遊記」を著し、医学上の創見も多い。著「傷寒外伝」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

橘南谿【たちばななんけい】

江戸後期の医家。宮川氏,名は春暉,字は恵風。伊勢の人。老子を好み,和歌をたしなんだ。探検癖があり,あまねく全国に遊んで《東遊記》《西遊記》を著した。医家としては《傷寒論》の注解があり,随筆・考証では《北【そう】瑣談》《国語律呂考》がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘南谿 たちばな-なんけい

1753-1805 江戸時代中期-後期の医師。
宝暦3年4月21日生まれ。京都で香川修庵や吉益東洞などの古医学をおさめて開業。天明3年小石元俊らと人体解剖をおこなう。医学修業のため諸国を歴遊し,「東西遊記」をあらわす。のち朝廷の医官となった。文化2年4月10日死去。53歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。本姓は宮川。名は春暉(はるあきら)。字(あざな)は恵風。別号に梅仙。著作に「傷寒外伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たちばななんけい【橘南谿】

1753~1805) 江戸中期の医者・文人。本姓、宮川。名は春暉。伊勢の人。京都で漢方医学を学び開業するかたわら、各地を回り紀行文を著す。医書は創見に富む。著「西遊記」「東遊記」「傷寒論分注」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

橘南谿 (たちばななんけい)

生年月日:1753年4月21日
江戸時代中期;後期の儒医
1805年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

橘南谿の関連キーワードササウオタマバエ(笹魚玉蠅)大沼(山形県)幽霊(亡霊)池田甚兵衛生年月日山田大円化政文化道中記民俗学紀行文気候学橘元景登山慈延竜巻絵暦医書

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橘南谿の関連情報