コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ササラーム ササラームSasarām

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ササラーム
Sasarām

インド北東部,ビハール州西部の町。ロータス県の行政庁所在地。パトナの南西約 145km,カイマール台地の末端に位置し,北方にはガンジス川流域平野が開ける。 16世紀の遺跡が知られ,なかでもスール朝の皇帝シェール・シャー (在位 1540~45) の廟が有名で,支間 22m,高さ 31mの中央ドームをもち,パタン様式建築の最高水準を示す。郊外にはアショーカ王勅令を刻んだ岩がある。農産物の集散のほか,カーペット素焼の壺を産する。人口9万 8220 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android