コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サトウヤシ(砂糖椰子) サトウヤシArenga pinnata; sugar palm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サトウヤシ(砂糖椰子)
サトウヤシ
Arenga pinnata; sugar palm

ヤシ科の高木。インドおよびマレーシア原産。高さ 20mにもなり,大きな羽状葉をつける。花序葉腋から長く垂れ下がる。雌雄同株で,通常は雌雄花とも同一の花序につく。花には特有の臭気がある。つぼみの頃花序の軸を切って滲出する液を集め,石灰を加えて煮沸して粗製の糖をとり,また発酵させてやし酒 palm wineを造る。幹の内部にデンプンがあり,サゴヤシ同様デンプンをとるが品質は劣る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サトウヤシ(砂糖椰子)の関連キーワードヤシ科

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android