コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サドゥール Sadoul, Georges

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サドゥール
さどぅーる
Georges Sadoul
(1904―1967)

フランスの映画史家、批評家。ナンシーに生まれる。法律を学んだのち、1925~32年シュルレアリスム運動に参加、次いでマルクス主義に転じた。35年ごろから雑誌の映画批評を担当、第二次世界大戦中から戦後にかけて文芸誌の編集も手がけた。日本では『世界映画史』(新版・1972)が翻訳紹介されているが、46年(昭和21)に刊行を開始した主著『映画全史』全6巻は、膨大な資料を駆使して映画の発展を体系的にとらえようとした労作であり、彼の死により未完に終わった。[武田 潔]
『丸尾定訳『世界映画史1』第2版(1980・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サドゥールの関連キーワードアラゴン(Louisフランソワーズ シャンデルナゴールケイタ(Salif Keita)ロベール ゲディギアンテオ アンゲロプロスアレクセイ ゲルマンチェコスロバキア映画ルネー カストリエコリーヌ セローレーン ラポルトスウェーデン映画シェーストレームチャウシュテペ城シネマ・ベリテアフリカ映画ヒューストンルノアールデュビビエ北欧映画サドール

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android