コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サナダヒモムシ Baseodiscus hemprichii

世界大百科事典 第2版の解説

サナダヒモムシ【Baseodiscus hemprichii】

無針綱バセオディスクス科のひも形動物で巨大な体になるヒモムシ八丈島,紀伊半島以南に分布し,潮間帯転石の下にすむ。体はリボン状で背腹に扁平。生きているときによくのびたときは長さ8mにもなり,標本でも40~50cmはある。体幅は4~5mm。頭部は丸く,その縁には小さい眼点が多数並んでいる。また頭部の後半分には褐色の横条帯がある。頸部(けいぶ)は深くくびれ,大きな口がその後方腹面に開いている。体は白く,口の後方にある横条帯から背中線と腹中線に沿って1本の幅広い褐色の帯が全身に走っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サナダヒモムシ
さなだひもむし / 真田紐虫
[学]Baseodiscus hemprichii

紐形(ひもがた)動物門無針綱リネウス科に属する海産動物。南方系で、日本の沿岸以南、遠く紅海にまで広く分布する。体長15~40センチメートル、体幅4~5ミリメートル。体は白色、頭部のすこし後方に幅広い褐色の横条帯があるが、これは腹側部では連続しない。体の背中線と腹中線に沿って1条の褐色の縦走帯があり、始端部では横条帯につながり、体後端に及ぶ。頭部は半月形で比較的小さく、体部と区別される。頭斜溝に多数の短小な縦溝がある。口は頭部のすこし後方腹面に位置し、吻道口(ふんどうこう)は頭端に開く。浅海の転石の下にいる。[岩田文男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android