転石(読み)てんせき(英語表記)boulder

翻訳|boulder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転石
てんせき
boulder

河川または氷河の作用で他の場所から移動してきた巨。 C.ウェントウォースの粒度区分によれば粒径 256mm以上を巨礫とするが,通常粒径2~3m以上のものを転と呼ぶことが多い。氷河によって運搬された漂礫も転石の一種。日本では河川の運搬によるものが多く,円磨されて表面は平滑。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐せき【転石】

〘名〙
① 岩石が露頭を離れ、山腹や河川などに転在するもの。
※野火(1951)〈大岡昇平〉八「川は〈略〉巨大な転石の間を早瀬となって越し」
② ころがっている石。
※巖窟王(1901‐02)〈黒岩涙香訳〉四「谷に落入る転石(テンセキ)の勢ひで凄まじい速度を以て其の極所に達した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転石の関連情報