コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転石 てんせきboulder

翻訳|boulder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転石
てんせき
boulder

河川または氷河の作用で他の場所から移動してきた巨。 C.ウェントウォースの粒度区分によれば粒径 256mm以上を巨礫とするが,通常粒径2~3m以上のものを転と呼ぶことが多い。氷河によって運搬された漂礫も転石の一種。日本では河川の運搬によるものが多く,円磨されて表面は平滑。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てん‐せき【転石】

転がっている石。
山腹河原などに点在する石。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

転石

地表または地中にある石塊で,水や土砂で流されたために比較的滑らかな表面を有するもの[渡辺編 : 1935].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんせき【転石】

基盤の岩石から離れ、流水などに押し流されたり、崖下などに転落している礫れき
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

転石の関連キーワード転がる石には苔は付かないカジカガエル(河鹿蛙)コモチイソギンチャクフサゴカイ(房沙蚕)伊良部県立自然公園リッチフィールド岩勤崎海域公園地区浜坂海域公園地区国賀海域公園地区ムラサキカイメンハナビラダカラサナダヒモムシエゾバフンウニミサキヒモムシミドリヒモムシカスリヒモムシクリゲヒモムシタツナミガイクロヒモムシサツマカサゴ

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転石の関連情報