コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サナダユムシ Ikeda taenioides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サナダユムシ
Ikeda taenioides

環形動物門ユムシ綱有血管目キタユムシ科。非常に長い吻をもったユムシ。体長 40cm,体幅 3cm。体は濃赤褐色で,皮膚はやや薄く,多くの小皮膚乳頭が密生する。口のすぐ後方に1対の腹剛毛がある。吻は長さ 1.5mもあり,淡黄褐色の地に褐色ないし黒褐色横縞がある。浅海泥中に垂直に深い穴を掘って体を埋め,穴の口から地面上に長い吻を伸ばして餌を集める。この吻だけが採集され,正体不明の動物として学者を悩ませたことがある。珍奇動物の一つ。本州各地に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サナダユムシ【Ikeda taenioides】

キタユムシ科のユムシ動物。ユムシ類中最大の大きさになる。非常に長い吻(ふん)がサナダムシに似ているところからこの名がある。陸奥湾,三崎,紀伊白浜などに分布し,アマモが生えている海底の中に潜って生活している。体は長さ40cm,径3cmほどの円筒形で,赤褐色。体表には細かい乳頭突起が一面にあってざらざらしている。前端に口があり,その口のすぐ後方に1対のかぎのような剛毛がある。口のそばに長さ150cm,幅1.5cmの吻がついている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サナダユムシ
さなだゆむし / 真田
[学]Ikeda taenoides

環形動物門ユムシ綱キタユムシ科に属する海産動物。非常に長い吻(ふん)がサナダムシ(条虫類)に似ているところからこの名がある。青森県陸奥(むつ)湾、神奈川県油壺(あぶらつぼ)湾、和歌山県白浜(しらはま)、態本県天草(あまくさ)などに分布する。体は長さ40センチメートル、直径3センチメートルになる赤褐色の円筒形で、アジモの生えている海底の泥の中に垂直に潜り、体の前端の口の側から長さ1.5メートル、幅1センチメートルくらいの吻を水中に出している。吻は淡緑色の地に多数の濃褐色の横縞(よこじま)があり、表面には繊毛が生え、この繊毛で細かい餌(えさ)を口へ運ぶ。口のすぐ後方にはユムシ類特有の1対の鉤(かぎ)がある。海産動物の採集中にしばしばこの長い吻だけが採集され、長い間、正体不明の動物として学者を悩ませたが、1901年(明治34)に本体が確認され、珍奇動物の一つにされている。[今島 実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサナダユムシの言及

【ユムシ(螠)】より

…ふつうは体の前方腹面に1対の腹剛毛が,そして後端の肛門の周囲を1~2列に尾剛毛がとり巻いているが,これらの剛毛をまったくもたないものもある。吻の形や大きさにはいろいろあり,長いものではサナダユムシIkeda taenioidesのように1.5mになるものがあり,ボネリムシ科Bonelliidaeの種類では先端が二叉に分かれている。多毛類やホシムシ類のように体内に吻が陥入することはない。…

【ユムシ(螠)】より

…ふつうは体の前方腹面に1対の腹剛毛が,そして後端の肛門の周囲を1~2列に尾剛毛がとり巻いているが,これらの剛毛をまったくもたないものもある。吻の形や大きさにはいろいろあり,長いものではサナダユムシIkeda taenioidesのように1.5mになるものがあり,ボネリムシ科Bonelliidaeの種類では先端が二叉に分かれている。多毛類やホシムシ類のように体内に吻が陥入することはない。…

※「サナダユムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サナダユムシの関連キーワードアジモ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android