コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸奥湾 むつわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸奥湾
むつわん

本州北端,青森県下北半島津軽半島に囲まれた湾。平舘海峡を経て,津軽海峡に通じる。北東の湾奥部,大湊湾北岸一帯にむつ市がある。南岸には夏泊半島が突出し,陸奥湾南部を野辺地湾青森湾に二分している。青森湾奥の青森市函館市を結ぶフェリーの航路で,海上交通路として重要。ホタテガイ,カキ,ノリ養殖が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

陸奥湾【むつわん】

本州北端,下北半島津軽半島とに囲まれた湾。北西部が平舘海峡で津軽海峡に通じ,南部は夏泊半島によって青森湾と野辺地(のへじ)湾とに分かれる。青森湾奥に青森市,北東隅にはむつ市がある。
→関連項目青森[県]蟹田[町]川内[町]横浜[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むつわん【陸奥湾】

本州北端,青森県の下北半島と津軽半島に抱かれた湾。周囲は袋状に囲まれているが,北西部の平舘(たいらだて)海峡により津軽海峡と通じている。湾の北側は下北半島南西端の牛ノ首岬から大湊湾岸にいたるまで恐山山地が迫り,低地が少なく,川内脇野沢などにわずかに漁業集落が点在するのみである。湾の東側はむつ市から野辺地(のへじ)町まで単調な海岸で,沿岸には砂丘が連なり,横浜町以外に大きな集落はない。湾の西側は津軽半島の東岸で,南部では平地が開けているが,北部では山地が海に迫っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むつわん【陸奥湾】

青森県、下北半島と津軽半島とに抱かれる湾。大湊湾・野辺地湾・青森湾の支湾に分かれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕陸奥湾(むつわん)


青森県北部の湾。下北(しもきた)半島と津軽(つがる)半島に抱かれ、袋状をなす。北西部の平舘(たいらだて)海峡で津軽海峡と通じる。青森湾・野辺地(のへじ)湾・大湊(おおみなと)湾の支湾がある。ホタテガイ・ワカメなどの養殖が盛ん。西部から北部の湾口にかけては青森港-函館(はこだて)港を結ぶ航路で、青函(せいかん)連絡船の廃止後もフェリー便が就航。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸奥湾
むつわん

青森県中央部、下北(しもきた)半島と津軽半島に抱かれた湾。北西部の平舘(たいらだて)海峡によって津軽海峡と通じている。湾の南部は夏泊(なつどまり)半島によって東側の野辺地(のへじ)湾と西側の青森湾に分かれる。また北東隅には大湊(おおみなと)湾がある。湾の面積は約1500平方キロメートル、海岸線は約250キロメートルに達する。平均水深は約38メートル。中央部の海底は水深40~50メートルで平らであり、下北半島の焼山(やけやま)崎沖と夏泊半島西側は急崖(きゅうがい)をなしている。湾内ではかつてイワシやタラを漁獲したが、昭和40年代以降ホタテガイの養殖が盛んとなっている。ホタテガイのほか、ワカメ、ノリ、カキなどの養殖も行われる。青函(せいかん)連絡船の航路であったが1988年廃止。野辺地と函館を結ぶフェリーボートの航路がある。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

陸奥湾の関連キーワード国設まかど温泉スキー場青森県東津軽郡蓬田村モスソガイ(裳裾貝)青森県東津軽郡平内町ヤッコカンザシゴカイタマシキゴカイ夜越山スキー場夜越山森林公園掃海訓練と機雷脇野沢[村]サナダユムシ青森県むつ市アカフジツボアオウミウシ陸奥湾ホタテ津軽びいどろ外ヶ浜[町]川内[町]蟹田[町]平内[町]

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陸奥湾の関連情報