コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サファニヤ・カフジ油田 サファニヤカフジゆでんSafānīya‐Khafji

1件 の用語解説(サファニヤ・カフジ油田の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サファニヤカフジゆでん【サファニヤ・カフジ油田 Safānīya‐Khafji】

ペルシア湾の北西部,サウジアラビアと旧中立地帯の沖合に位置するサウジアラビアの油田。世界最大の海洋油田で,規模は延長約65km,最大幅18kmに達する。可採埋蔵量は390億バレルと推定され,陸上油田を含めて世界第4位のものである。両油田は一連の背斜構造上に位置するが,サファニヤ油田は1951年にARAMCOアラムコ)社によって,カフジ油田は59年アラビア石油(株)によって発見された。油層は深度約1500mの白亜紀中~下部に属する砂岩および石灰岩である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone