コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋油田 かいようゆでん

2件 の用語解説(海洋油田の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

海洋油田【かいようゆでん】

海域に存在する油田。海底油田とも。世界の石油埋蔵量の約1/4は海域にあるといわれ,現在すでに世界の石油生産量のおよそ1/4を海洋石油が占める。海洋油田の埋蔵量の55〜70%程度が水深200mまでの大陸棚にあり,残りの大部分はより深い大陸斜面とその裾野の平坦部(コンチネンタルライズ)にあるとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいようゆでん【海洋油田】

海域に存在する油田をいう。世界の石油埋蔵量は約2兆バレルといわれ,およそ23%に当たる約4600億バレル程度が海域にあると推定されている。海洋油田の埋蔵量の55~70%程度が水深200mくらいまでの比較的海底傾斜のゆるい大陸棚にあり,残りの大部分がより深い大陸斜面に25%くらい,コンチネンタルライズに3~10%存在すると考えられている。 海洋油田の探鉱にはまず地震探鉱調査船による地震探査により油田地質構造の有無を推定する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海洋油田の関連情報