コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サポパン サポパンZapopan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サポパン
Zapopan

メキシコ南西部,ハリスコ州中部の都市。州都グアダラハラの北西郊,標高約 1600mの気候の温和な谷にある。周辺の農業地帯の商工業中心地で,トウモロコシサトウキビ綿花,果実,野菜,家畜などを集散,加工する。養蜂養鶏,観光業も重要な収入源となっている。 17世紀に建造されたバシリカがあり,毎年多くの巡礼が訪れる。人口 71万 1876 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のサポパンの言及

【巡礼】より

…第3は,最も普遍的なもので,かつての土着信仰の聖地からカトリックの聖地に転じた土地への旅である。この種の聖地はメソアメリカにとくに多く,サポパンZapopan(グアダラハラ近郊),グアダルーペ,チャルマChalma(以上中央メキシコ),オコトランOcotlán(メキシコ,プエブラ州),イサマル(ユカタン半島),エスキプラス(グアテマラ)が著名である。ペルーではクスコ県に多く,とくにコイリュル・リティーが知られている。…

※「サポパン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サポパンの関連情報