コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマラキス Samarakis, Antonis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サマラキス
Samarakis, Antonis

[生]1919.8.16. アテネ
[没]2003.8.8.
ギリシアの小説家。労働省で難民問題を扱い,第2次世界大戦中は対独レジスタンスに参加,社会問題を扱った小説で知られる。代表作『危険信号』Sima Kindunou(1959),『傷』To Lathos(1965)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サマラキスの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチシャルロット

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android