コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマール[島] サマール

2件 の用語解説(サマール[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サマール[島]【サマール】

フィリピン中央部,ビサヤ諸島の東端に位置する同国第3の島。南西端は狭い海峡を隔てて橋でレイテ島につながる。大部分が山地。台風の進路に当たり毎年被害が大きい。米,トウモロコシサツマイモココヤシのほか,石灰,リン鉱石も産する。
→関連項目フィリピン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サマール[島]【Samar Island】

フィリピン中部,ビサヤ諸島最東端に位置し,フィリピンで3番目に大きい島。属島を含む面積は1万3428km2。人口は約120万(1980)で,人口密度89人/km2は全国平均(160人/km2)を大きく下回る。全島が300~650mの丘陵,山地(最高峰は標高850mのカパトアン山)からなり,平たん地に欠ける。一年中雨が多く,降水量は全域で2500mm以上,東海岸では4000mm以上に達する。台風の通過地点にあたり,島の北東部を中心に毎年住民が被る損害は甚大である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone