コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマール[島] サマール

2件 の用語解説(サマール[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サマール[島]【サマール】

フィリピン中央部,ビサヤ諸島の東端に位置する同国第3の島。南西端は狭い海峡を隔てて橋でレイテ島につながる。大部分が山地。台風の進路に当たり毎年被害が大きい。米,トウモロコシサツマイモココヤシのほか,石灰,リン鉱石も産する。
→関連項目フィリピン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サマール[島]【Samar Island】

フィリピン中部,ビサヤ諸島最東端に位置し,フィリピンで3番目に大きい島。属島を含む面積は1万3428km2。人口は約120万(1980)で,人口密度89人/km2は全国平均(160人/km2)を大きく下回る。全島が300~650mの丘陵,山地(最高峰は標高850mのカパトアン山)からなり,平たん地に欠ける。一年中雨が多く,降水量は全域で2500mm以上,東海岸では4000mm以上に達する。台風の通過地点にあたり,島の北東部を中心に毎年住民が被る損害は甚大である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サマール[島]の関連キーワードセブ島フィリピン海フィリピン海溝レイテ島比国比律賓フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲フィリピン毛頭虫感染

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone