コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サモスラキ島 サモスラキとうNísos Samothráki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サモスラキ島
サモスラキとう
Nísos Samothráki

古代ギリシア語読みではサモトラケ Samothrakē。ギリシア,エーゲ海北東部にある島。トルコとの国境をなすエブロス川の河口から約 40km沖合いに位置する。山がちな島で,中央部にフェンガリ山がそびえるが,ホメロスの『イリアス』のなかで,ポセイドンがこの山頂からトロイの戦場を望んだと描かれている。中心集落は北西部のサモスラキ。前 700年頃ギリシア人が植民,神殿を建設。 1456~1912年オスマン帝国領。 19世紀後半以降各国の考古学者によって発掘が進められ,前4~2世紀のヘレニズム時代の建築物を中心に遺跡や美術品が出土。なかでも 1863年に出土した大理石の彫像は『サモトラケのニケ』として有名。現在,主産業は農業と海綿採取。また北岸近くに温泉が湧出し,訪れる人が多い。面積 178km2。人口 2871 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サモスラキ島の関連キーワードTRFSAM抗堪性シーガル走査型顕微鏡SXM三昧地対空ミサイルマリアンヌサンポコン寺院

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android