サラ ブライトマン

  • Sarah Brightman

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
歌手,ミュージカル女優

国籍
英国

生年月日
1960年8月14日

出生地
ロンドン・コックニー

学歴
ジュリアード音楽学校

受賞
グラミー賞(クラシック最優秀現代作品,第28回,1985年度)「ロイド・ウェバー:レクイエム」

経歴
ポップ系の音楽グループやダンスグループに参加した後、ニューヨークのジュリアード音楽学校でクラシックを学ぶ。1981年オーディションに合格し、アンドルー・ロイド・ウェバー作曲のミュージカル「キャッツ」のロンドン初演に出演。これがきっかけで、’84年ロイド・ウェバーと結婚。’85年「レクイエム」でグラミー賞最優秀クラシカル新人賞にノミネート。’86年ロイド・ウェバー作曲の「オペラ座の怪人」ロンドン初演でヒロインを演じ、続いてブロードウェイ公演にも出演、魅力的な容姿と澄んだソプラノの美声で国際的なミュージカルスターに躍り出る。’90年離婚したがロイド・ウェバーの音楽との縁は切れず、彼の作品「アスペクツ・オブ・ラブ」などに出演。’93年アルバム「Dive」でソロ歌手デビュー。クラシックとポップスを融合したソプラノは“世界で一番美しい歌声”といわれる。アルバム「タイム・トゥ・セイ・グッドバイ」は全世界で1500万枚をセールスした。他のアルバムに「ラ・ルーナ」「ハレム」「エデン」「神々のシンフォニー」「冬のシンフォニー」「ドリーム・チェイサー」などがある。日本では「サラバンド」がテレビ朝日系「ニュースステーション」のオープニングテーマ曲に採用されて人気を集めた他、’91年NHK「紅白歌合戦」に出演。’95年「クエスチョン・オブ・オナー」がテレビ朝日系で「GET SPORTS」やサッカー日本代表戦のテーマ曲に使われた。2007年日本のアニメ映画「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」の主題歌を歌う。2008年北京五輪開会式で公式テーマ曲を披露。2009年織田裕二主演映画「アマルフィ 女神の報酬」に主題歌を提供し、本人役で出演した。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android