コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルクイワシ さるくいわし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルクイワシ

フィリピンワシ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルクイワシ
さるくいわし / 猿喰鷲
monkey-eating eagle
[学]Pithecophaga jefferyi

鳥綱タカ目タカ科の鳥。フィリピンワシともいう。フィリピンのルソン島、サマル島、ミンダナオ島だけにすむ。全長約85センチメートル。南アメリカのオウギワシとともにワシ類のなかでも最大最強種の一つ。嘴(くちばし)は縦に平たくて鋭く曲がり、足のつめも長大である。頭の羽毛は細長くて冠羽状となり、翼は幅が広くて丸く、尾は比較的細長い。体の上面には褐色、下面には淡くて黒い縦斑(じゅうはん)がある。熱帯林にすみ、カニクイザルを主食としているが、サイチョウなどの大形の鳥類をとらえたり、ときには家禽(かきん)や家畜を襲うこともある。生息数が非常に少なく、現在では絶滅のおそれがあり、保護は国際的な問題となっている。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサルクイワシの言及

【ワシ(鷲)】より

…中央・南アメリカの熱帯森林にすみ,サル,ナマケモノ,大型の鳥などを捕食する。フィリピンにすむサルクイワシPithecophaga jefferyiもオウギワシと同じくらいに強大で,樹上で生活するサル類をおもにつかまえる。2属10種からなるヤマワシ類(イヌワシ属,カザノワシ属)は,脚が指の付け根まで羽毛におおわれる。…

※「サルクイワシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サルクイワシの関連キーワードフィリピン鷲高野伸二

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android