コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルダ sarda

3件 の用語解説(サルダの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

サルダ

プリニウスによって記載された粘土で,おそらくカルシウム・モンモリロナイトであろう[Pliny : 77, Robertson : 1949].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

サルダ Sarda, Paul

1844-1905 フランスの建築家。
1844年7月12日生まれ。明治6年(1873)海軍省横須賀造船所付属学校の機械学教官として来日。その後,東京大学でおしえ,三菱の技師をへて,横浜で建築家として開業。ゲーテー座,J.C.ヘボンゆかりの指路教会会堂,フランス領事館などの作品がある。明治38年4月2日横浜で死去。60歳。エコール-サントラル卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

サルダ

没年:明治38.4.2(1905)
生年:1844.7.12
明治期に来日したフランス人建築家。横浜にて自営,数多くの建物を設計した。フランスのアルルに生まれ,エコール・デ・ボザール卒業後,横須賀造船所の機械学教師として明治6(1873)年来日した。同10年より横浜居留地建築設計業を始める。主な作品として,パブリックホール(ゲーテ座,1885),指路教会(1892)などがある。

(清水慶一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サルダの関連キーワード前川国男マンサード屋根ルドゥーヌーベルフランス革命広場フランスソワールUIAル・コルビュジェ長郷泰輔ボワンビル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サルダの関連情報