コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン=シモン主義 サン=シモンしゅぎSaint-Simonisme

1件 の用語解説(サン=シモン主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン=シモン主義
サン=シモンしゅぎ
Saint-Simonisme

フランスのユートピア社会主義者サン=シモンの影響を受けた思想家の倫理と論理体系。おもに第二帝政の政策立案者,実践者の思想にみられる。その特徴は第1に,技術者優位の産業主義の理念と具体案を相即させる実践性にあり,ペレール兄弟,G.オースマン,M.シュバリエらにみられ,第2に政治的,倫理的にも根本変革と理想郷を求める方向であり,B.アンファンタンがその代表である。その権威主義と能力主義の思想傾向は第二帝政の政治秩序に適合し,ナポレオン3世自身も「馬上のサン=シモン」といわれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サン=シモン主義の関連情報