サンカメイガ(読み)さんかめいが

改訂新版 世界大百科事典 「サンカメイガ」の意味・わかりやすい解説

サンカメイガ (三化螟蛾)
yellow rice borer
Scirpophaga incertulas

鱗翅目メイガ科の昆虫。翅の開張2.5cm内外。小型で翅の細長いガで,雄は前翅灰褐色で,黒褐色点を散布し,小黒紋と斜線があり,雌の前翅はクリーム色で,雄より大きな黒紋がある。後翅も雄は暗色で,雌は黄白色。幼虫イネの茎に食入し加害する大害虫で,年に3回(一部の地域では2回)発生するのでサンカメイチュウ(三化螟虫)とも呼ばれ,成虫は前翅に1個の黒紋のあるところからイッテンオオメイガとも呼ばれている。このガはオオメイガ亜科に属するところから,この名をもつのであって,とくに大型であるわけではない。本種は最低気温が-3.5℃より高い地域に分布するので,本州の南西部から四国,九州およびそれより南の島々に産する。国外では,中国の南半部,台湾,フィリピン,マレーシアからインドなど東南アジアに広く分布する。近縁種のシロオオメイガS.excerptalisの幼虫はサトウキビの害虫。
執筆者:


出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「サンカメイガ」の意味・わかりやすい解説

サンカメイガ
さんかめいが / 三化螟蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目メイガ科のイッテンオオメイガの別名。イネの害虫であり、普通、1年に3回発生するのでこの名でよばれることがある。

[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「サンカメイガ」の意味・わかりやすい解説

サンカメイガ

ズイムシ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「サンカメイガ」の意味・わかりやすい解説

サンカメイガ

イッテンオオメイガ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android