サンジカリスム(英語表記)〈フランス〉syndicalisme

デジタル大辞泉の解説

サンジカリスム(〈フランス〉syndicalisme)

政党活動や議会主義を排し、ゼネストなど労働組合の直接行動によって社会革命を達成しようとする立場・思想。19世紀末から20世紀初めにかけて、フランス・スペインなどで盛んだった。急進的労働組合主義。サンディカリスム。→アナルコ‐サンジカリスム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

サンジカリスム

〘名〙 (syndicalisme syndicalism) 議会主義を排し、労働組合のストライキ、サボタージュ、ボイコット、特にゼネストなどの直接行動によって現存国家権力を打倒しようとする無政府主義的な社会主義運動・思想。一八九五年ごろフランスに起こり、スペインをはじめ各国に広まった。急進的労働組合主義。→アナルコサンジカリズム。〔外来語辞典(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android