コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタポリナーレ・ヌオーボ聖堂[ラベンナ] サンタポリナーレ・ヌオーボせいどう[ラベンナ]Sant'Apollinare Nuovo, Ravenna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタポリナーレ・ヌオーボ聖堂[ラベンナ]
サンタポリナーレ・ヌオーボせいどう[ラベンナ]
Sant'Apollinare Nuovo, Ravenna

イタリアのラベンナにある,500年東ゴート王テオドリック大王により建立されたバシリカ聖堂。アリウス派の聖堂として建てられたが,6世紀後半大司教アグネロによってカトリックの聖堂にされ,9世紀にサンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂から聖アポリナーレの聖遺物が運ばれ,新しい聖アポリナーレ聖堂を意味する現在の名がつけられた。広い身廊をもつ三廊式バシリカ建築で,身廊壁はおのおの 12本の大理石円柱で支えられ,3層からなるモザイクの装飾が施されている。これらは6世紀後半に制作され,初期キリスト教美術,ビザンチン・モザイクの様式を伝えている。「ラベンナの初期キリスト教建築物群」の一つとして 1996年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サンタポリナーレ・ヌオーボ聖堂[ラベンナ]の関連キーワードジェレミー ウォザースプーンジェレミー ウォザースプーン王 濛カタリン コバチカタリン コバチ王 北星イ ガンソクイ ギュヒョクジェニー ウォルフダヌタ コザック

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android