サンタポリナーレ・ヌオーボ聖堂[ラベンナ](読み)サンタポリナーレ・ヌオーボせいどう[ラベンナ](英語表記)Sant'Apollinare Nuovo, Ravenna

  • サンタポリナーレ・ヌオーボせいどう
  • サンタポリナーレ・ヌオーボ聖堂
  • ラベンナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタリアのラベンナにある,500年東ゴート王テオドリック大王により建立されたバシリカ聖堂アリウス派の聖堂として建てられたが,6世紀後半大司教アグネロによってカトリックの聖堂にされ,9世紀にサンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂から聖アポリナーレの聖遺物が運ばれ,新しい聖アポリナーレ聖堂を意味する現在の名がつけられた。広い身廊をもつ三廊式バシリカ建築で,身廊壁はおのおの 12本の大理石円柱で支えられ,3層からなるモザイクの装飾が施されている。これらは6世紀後半に制作され,初期キリスト教美術,ビザンチン・モザイクの様式を伝えている。「ラベンナの初期キリスト教建築物群」の一つとして 1996年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android