サンタンブロジオ聖堂[ミラノ](読み)サンタンブロジオせいどう[ミラノ](英語表記)Sant'Ambrogio Basilica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタンブロジオ聖堂[ミラノ]
サンタンブロジオせいどう[ミラノ]
Sant'Ambrogio Basilica

イタリアミラノにあるバシリカ式聖堂。ミラノ司教であった聖アンブロシウスが 379~386年に建立。現在の建物は 9世紀以後に再建されたもので,ロマネスク建築の発展上重要な意味をもつロンバルディア・ロマネスク様式の代表的聖堂である。アプスは 9~10世紀,内陣は 10世紀,ナルテックスは 11世紀,バシリカ式の身廊および側廊は 12世紀の建築。また 11世紀の美しいアトリウム(前庭)や 8~9世紀と 12世紀の二つの南と北の塔を残すなど,各時代にわたってロマネスク建築の発展段階を例証している。また 12世紀建造の身廊は次代のゴシック建築に先行して,すでにリブ・ボールト(肋骨穹窿)を備えているが,これはボールト建築の発展史上興味深い問題を提起している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android