サンタンブロジオ聖堂[ミラノ](読み)サンタンブロジオせいどう[ミラノ](英語表記)Sant'Ambrogio Basilica

  • サンタンブロジオせいどう
  • サンタンブロジオ聖堂
  • ミラノ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタリアミラノにあるバシリカ聖堂。ミラノ司教であった聖アンブロシウスが 379~386年に建立。現在の建物は 9世紀以後に再建されたもので,ロマネスク建築の発展上重要な意味をもつロンバルディア・ロマネスク様式の代表的聖堂である。アプスは 9~10世紀,内陣は 10世紀,ナルテックスは 11世紀,バシリカ式の身廊および側廊は 12世紀の建築。また 11世紀の美しいアトリウム前庭)や 8~9世紀と 12世紀の二つの南と北の塔を残すなど,各時代にわたってロマネスク建築の発展段階を例証している。また 12世紀建造の身廊は次代ゴシック建築に先行して,すでにリブ・ボールト(肋骨穹窿)を備えているが,これはボールト建築の発展史上興味深い問題を提起している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android