サンタンブロージョ教会(読み)サンタンブロージョきょうかい(英語表記)Basilica di Sant’Ambrogio

世界大百科事典 第2版の解説

サンタンブロージョきょうかい【サンタンブロージョ教会 Basilica di Sant’Ambrogio】

イタリアのミラノにある初期キリスト教時代創建の教会堂。聖アンブロシウスが3世紀の殉教者を祭るため385年ごろ建立(彼自身もアプス(後陣)の地下に眠る)。幾度も改修され,今日の建物の大部分はロンバルディア・ロマネスク様式(11~12世紀)による。堂内にはすでにリブ・ボールトの使用が見られ,ダラム大聖堂(イギリス)とともに最も早い例の一つである。側廊につながるサン・ビットーレ・イン・チエル・ドーロ礼拝堂には,アンブロシウスの肖像を含む5世紀のモザイクが残存する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサンタンブロージョ教会の言及

【イタリア美術】より

…ロマネスク芸術の中心はコムーネの精神的(ときに政治的)中心としてのカテドラル(大聖堂)であった。ミラノのサンタンブロージョ教会(850年建立,9~12世紀改造)はイタリアのロマネスク聖堂の母であり,素朴な信仰心を示す飾りけのない簡潔な構成と,古典的バランスとエレベーションの象徴的形式とを併せもつ空間を造っている。これは封建領主の力が強大で,位階制が強く人々を支配していた他の諸国と異なり,イタリアにはコムーネの自治の精神が強かったためであろう。…

【祭壇】より

…木,布,金属,象牙製などがあり,祭壇の前面自体に装飾が施される例も多い。ミラノのサンタンブロージョ教会の〈パリオット〉(9世紀)は前面ばかりでなく,他の三つの側面も金や銀などの浮彫で飾った豪華なものである。祭壇の上または背後に置かれる装飾としてはレタブルムretabulumまたはレトロアルタレretroaltare(祭壇飾壁)がある。…

【パターリア】より

…翌年運動指導者のエルレンバルドErlembaldoが死去し,運動は教皇と袂を分かち,重要性を失う。この結果キリスト教世界の中でも古くからローマのサン・ピエトロ教会と競い,北イタリア一帯に勢力をもつミラノのサンタンブロージョ教会は独自性を弱め,ローマ教会に結びつけられた。運動は都市コムーネの形成にかかわり,支配階層の封建的制約から解放される社会運動的色彩も帯びた。…

※「サンタンブロージョ教会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android