コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタ・マリア・アンティクア聖堂[ローマ] サンタ・マリア・アンティクアせいどう[ローマ]Santa Maria Antiqua, Roma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタ・マリア・アンティクア聖堂[ローマ]
サンタ・マリア・アンティクアせいどう[ローマ]
Santa Maria Antiqua, Roma

フォールム・ロマーヌムから入るアトリウムは古代ローマ建築の一部であり,18世紀に発掘された。この建物はもとはおそらくアウグスツス神殿の近くにあった図書館であったが,6世紀に聖堂となった。教皇ヨハネス7世 (在位 705~707) や彼の後継者たちがここに壁画を描かせているため,中世初期の各年代にわたるフレスコ画の宝庫となっている。特に8世紀のイコノクラスムを避けてビザンチンおよび東方からローマに来た画家たちのシリア・ビザンチン的な様式の強い絵画が,ヘレニスティックな,あるいはラテン的な絵画に混ってみられるのは興味深い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サンタ・マリア・アンティクア聖堂[ローマ]の関連キーワードフォールム・ロマーヌム

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android