コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントシャペル寺院 サントシャペルじいん

世界の観光地名がわかる事典の解説

サントシャペルじいん【サントシャペル寺院】

フランスの首都パリ中心部のシテ島にある、ゴシック様式の教会堂。フランス王のルイ9世(1214~1270年)が、ビザンチン皇帝から購入したキリストの聖遺物(キリストがかぶったとされる荊冠)を収める王宮礼拝堂として、1284年に完成させたものである。王宮はなくなってしまったが、この教会堂は残された。ゴシック建築の傑作ともいわれ、またパリ最古のステンドグラスがある教会として知られている。ルイ9世は、直接王宮からこの礼拝堂の2階に行くことができるように王宮と寺院を連結し、2階は王や王族、高位の貴族らが利用する礼拝堂として、1階は王宮で働く人々が利用する礼拝堂として使われていた。ステンドグラスは2階の礼拝堂にあり、旧約・新約聖書の約1100の場面が描かれていて、その約半分が13世紀につくられたものである。フランス革命時の争乱で大きな被害を受けたが、19世紀に大規模な修復が行われた。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android