コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントメ縞 サントメジマ

デジタル大辞泉の解説

サントメ‐じま【サントメ×縞】

インドのマドラス(現チェンナイ)の港から渡来した縞織りの綿布紺地に赤または浅葱(あさぎ)の細い縦縞の入ったものが多い。のちに日本でも織られたが、舶来のものを唐(とう)サントメ、略して唐サンといった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サントメじま【サントメ縞】

サントメから渡来した細番手の広幅の綿布。藍あい地に赤・浅葱あさぎなどの細い縦縞が主。のちに日本でも織られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サントメ縞の関連キーワード奥縞・奥島黒サントメ桟留広幅奥縞唐桟

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android