コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐桟(読み)とうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐桟
とうざん

桟留 (さんとめじま) ,桟留ともいう。木綿縞織物の一種。唐桟は唐桟留の略で,インドのサントメからもたらされたのでこの名がある。組織が緻密で光沢があり,地合いのなめらかな織物。江戸時代初期からオランダ船によって輸入され,冬着の生地として流行した。末期には川越付近でも生産され,輸入品の唐桟に対し,これを川唐と呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とう‐ざん〔タウ‐〕【唐桟】

紺地に浅葱(あさぎ)・赤などの縦の細縞を織り出した綿織物。江戸時代、通人が羽織・着物などに愛用。もとインドのサントメから渡来したもので、のち京都で織り出したものを和桟留、舶来物を唐桟留または唐桟といったが、現在はサントメ縞の総称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

唐桟【とうさん】

唐桟留の略称で桟留縞(さんとめじま)ともいう。室町末期の南蛮渡来の綿織物の一種で,上質の綿糸を用い,赤や紺を主体とした細かい縞が特徴。名称はインドのコロマンデル地方のセント・トマスがなまったものという。江戸後期,日本でつくられ始めた桟留縞に対し,舶来のものを唐桟留と称するようになり,やがてこれをまねたものが埼玉県川越で織られ,川唐(かわとう)と称した。現在は千葉県が主産地。趣味的な着物,袋物などにする。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうざん【唐桟】

唐桟留の略称で,桟留(さんとめ)縞ともいい,聖多黙(さんとめ)縞,三止女(さんとめ)縞とも記された。南蛮船によって17世紀ころから舶載された織物の一種。南インド東岸の港町セント・トマスSt.Thomasよりもたらされたと伝え,この地名がなまって〈サントメ〉となったといわれる。唐桟の唐は唐物つまり舶来品をさし,江戸後期に日本で模倣されはじめた和物の桟留縞に対し,特に舶来のものを唐桟留と称するようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうざん【唐桟】

桟留サントメ。初め舶来のものと区別して呼んだ語。後に桟留一般の称となった。唐桟留。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐桟
とうざん

桟留縞(さんとめじま)のうち、オランダ人によって輸入されたものにつけられた名称で、唐桟留(どめ)ともいう。また、一般に桟留縞のうちで良質の桟留に対してつけられることがある。紺地に蘇芳(すおう)染めの赤糸か、浅黄(あさぎ)糸の入った縦縞の綿織物で、中世末以来、南方諸国から輸入され、日本の染織に大きな影響を与えたが、国産化されても輸入品との間には品質に大きな差異があり、唐桟が珍重された。埼玉県川越(かわごえ)地方では、1861年(文久1)に中島久平が横浜の米館から洋糸を購入し、中村徳兵治、山田紋右衛門と計って唐桟に模して木綿縞を織り、これが川越唐桟(川唐(かわとう))といって一般に知られたことがある。現存の房州唐桟は、斎藤豊吉によって伝統が受け継がれ、千葉県無形文化財に指定されているが、これは1868年(明治1)昭憲(しょうけん)皇太后の殖産所で伝習した技術を受け継いでいるものである。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の唐桟の言及

【着物】より

…宝永年間(1704‐11)豪商淀屋辰五郎が財産を没収された罪科の第1条は白無垢の肌着を用いたことであったが,のちには町人も葬式には白無垢を着るようになった。また武士は光沢のあるもの,町人は光沢のないものを着るなど,江戸初期にはそれによって材料の優劣を示したものであったが,江戸中期以後町人の着た木綿の唐桟(とうざん)は,武士の着た絹の上田縞などの5倍以上も高価なものであった。こうした着物の身分差の崩壊は,武士と町人の力関係の変化を示し,身分制の崩壊と正比例している。…

※「唐桟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android