サンフォード山(読み)さんふぉーどさん(英語表記)Mount Sanford

日本大百科全書(ニッポニカ)「サンフォード山」の解説

サンフォード山
さんふぉーどさん
Mount Sanford

アメリカ合衆国、アラスカ州東部のランゲル山脈高峰。標高4949メートル。山脈の最西端にある代表的な山で、火山作用によってできた。氷河の発達も著しく、近くにはランゲル山(4318メートル)やブラックバーン山(4996メートル)などの高峰が集まっている。1938年、アメリカのウォシュバーンが初登頂した。日本の植村直己(うえむらなおみ)も68年に単独登頂に成功している。

[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「サンフォード山」の解説

サンフォード‐さん【サンフォード山】

Mount Sanford》米国アラスカ州南東部の山。ランゲル山脈西端に位置する高峰で、標高4949メートル。ブラックバーン山と同じく古い楯状火山に起源する。頂上部は万年雪に覆われ、サンフォード氷河、シープ氷河などが流れる。1968年、日本の植村直己が単独登頂に成功した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android