サン-ルイス歴史地区(読み)サンルイスれきしちく

世界遺産詳解の解説

1997年に登録された世界遺産(文化遺産)。サン・ルイスは、ブラジル北東部マラニャン州の州都。サン・マルコ湾とサン・ジョゼ湾との間にあるサン・ルイス島に位置し、1612年にブラジルで唯一、フランス人が建設したことから、フランス国王ルイ13世の名にちなんで命名された。1615年にはポルトガル人に占領され、綿花や砂糖の輸出で繁栄した。当時ポルトガル人が建てた装飾タイル(アズレージョ)で覆われた豪勢な邸宅、セー教会の大聖堂や要塞といった歴史的建造物などが、人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして、世界遺産に登録された。◇英名はHistoric Centre of São Luís

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android