サーディク ヘダーヤト(英語表記)Ṣādeq Hedāyat

20世紀西洋人名事典の解説


1903 - 1951
イランの作家。
テヘラン生まれ。
別名Sādiq Hidāyat。
20世紀イランの最大の作家。フランス系の学校で学んだ後、フランスに1926年留学。帰国後作家活動に入り力作を次々発表。独裁体制強化に伴い、一時中世ペルシア語や民俗学の研究を行うが、再び創作活動を再開。実存主義的傾向が強く、イラン社会を鋭く批判し都市の下層社会の人々を主題として俗語を駆使した。主な作品に長編「盲目の」(’37年)、「ハージー・アーガー」(’45年)、短編集「生埋め」(’30年)、「三滴の血」(’32年)、「明暗」(’33年)、「野良犬」(’42年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android