コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザスラーフスカヤ Zaslavskaia,Tatiana Ivanovna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザスラーフスカヤ
Zaslavskaia,Tatiana Ivanovna

[生]1927.9.9. キエフ
ソ連の経済学・労働社会学者。 1950年モスクワ大学経済学部卒業。 50~63年科学アカデミー経済研究所に勤務。 54年ソ連共産党入党。 63年科学アカデミー・シベリア支部経済・工業生産組織研究所勤務。主としてコルホーズ農民の賃金,労働力,資源,移民問題を研究。 83年夏改革派の学者らと,経済活動のあらゆる面に中央の介入が行われている中央集権指令型経済の問題点を指摘した「ノボシビルスク経済報告書」を作成し,大きな反響を呼んだ。 88年全ソ社会経済問題に関する世論調査センター所長。のち,ゴルバチョフブレーンの一人となった。『現代コルホーズの経済』 (1960) ,『農村人口の移動』 (70) などの著書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ザスラーフスカヤの関連キーワード島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android