移民問題(読み)いみんもんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

移民問題
いみんもんだい

過剰人口国から過少人口国への移住は,移民自身にとっても,また出移民国,入移民国双方にとっても利益といえるが,大量の移民の流入は,特に受入れ国の人種問題,労働問題などに大きな影響を与えることから,各国とも社会上,政治上および経済上の諸条件に基づいて幾多の規制を行なっているのが現状である。世界人権宣言は移住の自由を人間の基本的人権の一つとしているが,これはあくまでも受入れ国の政策の許す範囲内でのことである。一般に入移民国が行う移民制限には量的制限と質的制限とがある。前者はアメリカの「割当法」のように自国に入国する移民の年間数を過去の実績に基づいて国ごとに一定し,無制限な移民の入国を許さない方法である。後者は,人口収容力のいかんにかかわらず外国移民を選択し,質的制限を加える方法で,ややもすれば人種,宗教,国籍などを基準として差別待遇を行うことが多く,たとえば第2次世界大戦前におけるアメリカのアジア人移民排斥のように,国家間の激しい対立に導かれる例も少くない。人種的差別の極端な例としては,オーストラリアの白豪主義などがあげられる。最近では,ドイツなど西欧諸国で移民労働者に対する差別的措置の導入が大きな政治問題になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

移民問題の関連情報