コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザミア Zamia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザミア
Zamia

ソテツ科の裸子植物。アメリカ南部やカリブ海諸島など新大陸の熱帯,亜熱帯に 36種ほど知られ,全体がソテツに似ている。フロリダ産のフロリダザミアなど観賞用に栽植されるものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザミア【Zamia】

ソテツ科の植物。北アメリカ・フロリダ,メキシコからアンデス山脈沿いにチリ北部まで,およびカリブ海の諸島に28種が分布する。幹は短く20~30cm。大部分は地下に埋もれ,地上に出るのは数cmから20cmどまり。幹肌はユッカに似て,ソテツのような葉柄基部が残らない。葉は1回羽状に分裂し,羽片は長さ3~30cm,幅0.6~4cm,表面にはつやがある。先端部には歯状に凹凸があり,中脈はなく,平行脈である。ウスバザミアZ.fischeri Miq.はメキシコ原産で,茎は地上に2cmほど出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のザミアの言及

【ソテツ(蘇鉄)】より

… ソテツ属Cycasはアジアで唯一のソテツ科植物で,約15種が東南アジア,太平洋諸島,オーストラリアおよびアフリカ東部に分布している。新大陸にはザミアZamia,ツノザミア属Ceratozamia,ディオオン属Dioonおよびミクロキカス属Microcycasの4属が知られる。それらのうちザミア属はもっとも分布が広く,30~35種がフロリダからアンデス山脈を南下しチリ北部まで,およびカリブ海の島々に分布している。…

【ソテツ(蘇鉄)】より

… ソテツ属Cycasはアジアで唯一のソテツ科植物で,約15種が東南アジア,太平洋諸島,オーストラリアおよびアフリカ東部に分布している。新大陸にはザミアZamia,ツノザミア属Ceratozamia,ディオオン属Dioonおよびミクロキカス属Microcycasの4属が知られる。それらのうちザミア属はもっとも分布が広く,30~35種がフロリダからアンデス山脈を南下しチリ北部まで,およびカリブ海の島々に分布している。…

※「ザミア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ザミアの関連キーワードデーリー・ミラーデーリー・メールハームズワースセラトザミアハムズワース4月26日ケムズリーローザミア4月2日ソテツ科モズリー社会小説

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android