コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザミオクルカス Zamioculcas zamiifolia (Loddiges) Engler

1件 の用語解説(ザミオクルカスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ザミオクルカス【Zamioculcas zamiifolia (Loddiges) Engler】

羽状の複葉を有するサトイモ科の常緑草本で,ときに温室で栽植される(イラスト)。地下に球状の塊茎と太い根を有し,大型で高さ30~60cmになり,数対の小葉を有する葉を根生する。小葉は長楕円形から卵形で革質,光沢がある。葉柄の基部には関節があり,それよりも根もとの部分は膨大している。花茎は短く3~5cm,基部が球状で,上部は舟形となる緑色の仏焰(ぶつえん)苞につつまれ,短棒状の肉穂花序がある。花序の基部は雌花,上部は雄花になっているが,どちらにも花被片があり,雌花の子房は2室でそれぞれ1個の胚珠を有する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ザミオクルカスの関連キーワード羽状複葉ココ椰子砂糖椰子玉羊歯多羅樹タロ芋蝮草蓮芋鱶の木雪餅草

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone