コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザンデルリンク ザンデルリンクSanderling, Kurt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザンデルリンク
Sanderling, Kurt

[生]1912.9.19. 東プロシア,アーリス
[没]2011.9.17. ドイツ,ベルリン
ドイツの指揮者。指揮台における理知的な自制,特に友人だったドミトリー・ショスタコビッチ作品の繊細な解釈で高く評価された。ピアノを学び,1931年にベルリン市立歌劇場のオペラ歌手トレーナーとなる。1933年,非アーリア人であるとして解雇され,1935年にはユダヤ系であるとして国籍を剥奪された。ソビエト連邦へ亡命し,1936~41年モスクワ放送交響楽団,1939~42年ハリコフ・フィルハーモニー管弦楽団,1941~60年レニングラード・フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者として名声を得る。1960年にドイツ民主共和国(東ドイツ)に帰国し,1960~77年ベルリン交響楽団,1964~67年シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者を兼任した。90代になっても指揮活動を続けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ザンデルリンクの関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門白瀬矗光の科学史ヤマサキバーブ明治天皇大正准州ジゴマ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ザンデルリンクの関連情報