コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアターピース theatre piece

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアターピース
theatre piece

もともとは,ジョン・ケージが 1960年に発表した作品の名であるが,舞台で行なわれる偶然の出来事,あるいは指定されて行なわれる行為の集合全体を,音楽としてとらえる作品一般について,こう呼ばれるようになった。そこでは「音楽」は非常に広い意味で用いられていると同時に,行為の視覚的・演劇的な側面も,音楽において重要な要素となっている。日本では柴田南雄一柳慧などにその例が見られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シアター‐ピース(theater piece)

演奏者の行為(演技)を中心に計画される音楽作品。ステージのみならず、通路客席を含む劇場空間全体を活用する作品が多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

シアターピースの関連キーワードウルス・ペーター シュナイダーペーター スハートカーゲル西澤勉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シアターピースの関連情報