コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田南雄 しばたみなお

6件 の用語解説(柴田南雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柴田南雄
しばたみなお

[生]1916.9.29. 東京
[没]1996.2.2. 東京
作曲家,音楽評論家。 1939年東京帝国大学植物学科,43年同大学美学美術史科卒業。幼少から母にピアノを学び,高校時代よりチェロを始める。大学入学後に本格的に作曲を学びはじめ,細川碧,諸井三郎に師事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しばた‐みなお〔‐みなを〕【柴田南雄】

[1916~1996]作曲家。東京の生まれ。東大卒。東京芸大教授。二十世紀音楽研究所を設立、前衛音楽リーダーとして活躍した。十二音技法の歌曲「朝の歌」の他、「コンソート‐オブ‐オーケストラ」「追分節(おいわけぶし)考」「ゆく河の流れは絶えずして」などの作品がある。平成4年(1992)、文化功労者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

柴田南雄【しばたみなお】

作曲家。東京に生まれ,東大理学部植物学科に在学中から諸井三郎〔1903-1977〕らに作曲を学ぶ。1948年,初期の代表作となった歌曲集《優しき歌》を発表。海外の音楽思潮の研究に打ち込む一方,1957年入野義朗〔1921-1980〕らと〈20世紀音楽研究所〉を組織し,軽井沢での定期演奏会で内外の現代作品を紹介。
→関連項目音楽祭吉田秀和

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田南雄 しばた-みなお

1916-1996 昭和後期-平成時代の作曲家。
大正5年9月29日生まれ。柴田雄次の子。諸井三郎,池内友次郎に師事。昭和27年十二音技法をとりいれた歌曲「朝の歌」を発表,32年二十世紀音楽研究所を設立,前衛音楽のリーダーとして多様な作品を作曲した。41年東京芸大教授。平成4年文化功労者。平成8年2月2日死去。79歳。東京出身。東京帝大卒。作品はほかに「コンソート・オブ・オーケストラ」「追分節考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

しばたみなお【柴田南雄】

1916~1996) 作曲家。東大卒。黛敏郎らと二十世紀音楽研究所を設立。十二音技法や偶然性を導入した前衛的作品や日本民謡を採集・反映した作品を残す。作品「ゆく河の流れは絶えずして」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴田南雄
しばたみなお
(1916―1996)

作曲家。東京生まれ。1939年(昭和14)東京帝国大学理学部植物学科を、43年同大学文学部美学科を卒業。在学中から作曲を諸井(もろい)三郎に師事。46年(昭和21)若手作曲家のグループ「新声会」を結成し、叙情的な声楽曲や合唱曲の作曲家として出発した。50年代からは入野義朗(いりのよしろう)とともに十二音技法による作曲活動を続けると同時に、放送や評論活動を通して、西洋の中世から現代までの音楽を紹介した。60年代以降はジョン・ケージの偶然性の音楽や日本の伝統芸能に興味をもち、演奏会場のステージから客席までの空間を利用した「シアター・ピース」を発表。また70年代以降は引用やコラージュの技法を用いた新しい作風を示した。主要作品に歌曲集『優(やさ)しき歌』(1946~48)、管弦楽曲『シンフォニア』(1960)、合唱曲『花伝書』(1971)、『追分節考』(1973)、交響曲『行く河の流れは絶えずして』(1975)など。著書に『音楽の骸骨(がいこつ)のはなし』(1978)などがある。[船山 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の柴田南雄の言及

【十二音音楽】より

… 十二音技法は第2次世界大戦後世界的に広まり,多くの作品を生み出したが,ブーレーズはセリーの思考を音高以外の要素(音価,音強,音色)にまで適用したミュジック・セリエルに発展させた。日本では入野義朗,柴田南雄らによって導入され,入野は《7楽器のための室内協奏曲》(1951)で日本最初の十二音音楽を書いた。【佐野 光司】。…

【ミュジック・コンクレート】より

… 日本ではシェフェールの動きとは無関係に武満徹が同様の音楽を発想していたが,パリ留学で実際にミュジック・コンクレートに触れた黛敏郎(1929‐97)の帰国後,本格的な作品が作曲されるようになった。日本における初期のミュジック・コンクレートとしては,黛敏郎の《XYZ》(1953),柴田南雄(1916‐96)の《立体放送のためのミュジック・コンクレート》(1955),武満徹の《ルリエフ・スタティク》(1955)などがある。現代音楽【武田 明倫】。…

※「柴田南雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柴田南雄の関連キーワード小林正樹大薗卓加藤東一小坂徳三郎関晃高安久雄野崎貢もののべ ながおき山下和夫吉田鎮雄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柴田南雄の関連情報