コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一柳慧 いちやなぎとし

3件 の用語解説(一柳慧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一柳慧
いちやなぎとし

[生]1933.2.4. 神戸
作曲家,ピアニストチェロ奏者の父,ピアノ教師の母のもとに生れる。作曲を平尾貴四男池内友次郎に,ピアノを原智恵子に師事。 1949年から3年連続して毎日音楽コンクールに入賞。 54~57年ジュリアード音楽院に留学,コープランド賞 (1953) を受賞するなど,高い評価を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一柳慧 いちやなぎ-とし

1933- 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和8年2月4日生まれ。平尾貴四男(きしお),池内(いけのうち)友次郎らに師事。昭和24,26年の音楽コンクールで1位となる。27年渡米,ジョン=ケージに傾倒して偶然性の音楽を実践。現代音楽祭などをひらく。のち雅楽や邦楽器をふくむ幅ひろいジャンルの作品を発表。尾高賞4回。平成20年文化功労者。兵庫県出身。ジュリアード音楽院卒。作品に「空間の記憶」「循環する風景」「ベルリン連詩」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一柳慧
いちやなぎとし
(1933― )

作曲家・ピアノ奏者。神戸生まれ。作曲を平尾貴四男(きしお)(1907―53)と池内友次郎(いけのうちともじろう)(1906―91)に、ピアノを原智恵子(1914―2001)に師事。1949年(昭和24)にピアノ・ソナタで第19回日本音楽コンクール作曲部門(室内楽曲)第1位を17歳の若さで獲得する。1952年渡米、ジュリアード音楽学校に留学。59年にニューヨークのニュー・スクールでジョン・ケージに師事、その後の一柳の作曲活動を左右することになる影響を受ける。61年(昭和36)に帰国後、ケージをはじめとするアメリカの実験主義音楽を紹介するほか、『ピアノ音楽』第1~7番(1959~61)、『弦楽器のために第1・第2』(1961)、『プラティヤハラ・イヴェント』(1963)など、図形楽譜を用いた実験主義的な自作を発表する。一柳による紹介を機に「ジョン・ケージ・ショック」とよばれるセンセーションを日本の作曲界に引き起こす。
 『ピアノ・メディア』(1972)をはじめ、『タイム・シークエンス』(1976)、『二つの存在』(1980)、バイオリンとオーケストラのための『循環する風景』(1983。第32回尾高賞)など、1970年代以降の作品は通常の五線記譜法に戻るが、そこには、実験主義的な作品で提起された柔軟で多層的な時間構造が反映されている。バイオリンと笙(しょう)のための『月の変容』(1988)、箏(そう)とオーケストラのための『始源』(1989)など邦楽器のための作品も多数ある。フランス芸術文化勲章(1984)、紫綬(しじゅ)褒章(1999)、サントリー音楽賞(2001)などを受けた。著書に『音を聴く』『音楽という営み』がある。[楢崎洋子]
『『音を聴く――音楽の明日を考える』(1984・岩波書店) ▽『音楽という営み』(1998・NTT出版) ▽岩城宏之・一柳慧他著『行動する作曲家たち――岩城宏之対談集』(1986・新潮社) ▽水沢勉・矢萩喜従郎編『点在する中心――「創造」をめぐる10の対話』(1995・春秋社) ▽日本芸術文化振興会、国立劇場調査養成部芸能調査室監修・編『現代の日本音楽第1集 一柳慧作品』(1999・春秋社)』
「『一柳慧作品集』(1991・フォンテック) ▽『一柳慧:合唱作品集』(1999・アート・ユニオン) ▽『一柳慧の宇宙』(1999~2000・カメラータ・トウキョウ)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一柳慧の言及

【コラージュ】より

…事実,こうした呼び方もされることがある。たとえば落語やポピュラー音楽などの素材を重ねている一柳慧の電子音楽《Tokyo1969》はアッサンブラージュの音楽,《乙女の祈り》を引用し,それを断ち切る現代的なスタイルの音楽との交互の展開がみられる松平頼暁のコンボのための《オルタネーション》(1967)は,コラージュ音楽と呼ぶべきかもしれない。【秋山 邦晴】。…

【パフォーマンス】より

…パフォーマンスを行うグループや場所は流動的であり,61年にジョージ・マチューナスGeorge Maciunasがパフォーマンスの専門誌を作るために考え出した〈フルクサスFluxus〉(雑誌は実現しなかった)は,やがて当時のパフォーマーを横断的に結びつける国際的な組織の名になったが,ラテン語で〈流れ〉を意味するfluxusと英語のflux us(われわれを融合する)とをかけたこの語は,当時のパフォーマーの流動的な関係にふさわしいものであった。このことは,ニューヨーク美術界の刺激を受けて活気づいていた〈読売アンデパンダン展〉(日本アンデパンダン展)出品作家たちの活動と,ケージに学んだ一柳慧(いちやなぎとし)や小野洋子らの媒介でしだいに日本にも形成されはじめたさまざまな芸術グループにもあてはまる。ともに1960年創立の〈グループ音楽〉(小杉武久,刀根康尚,塩見千枝子ほか),〈ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ〉(篠原有司男(うしお),吉村益信,風倉省作ほか),62年10月の車中パフォーマンス《山手線事件》や63年5月の街頭パフォーマンス《第一次ミキサー計画》のメンバーによる〈ハイレッド・センター〉(赤瀬川原平,中西夏之,高松次郎ほか)などは,互いに相互関係をもっただけではなく,〈暗黒舞踏〉の土方巽(ひじかたたつみ)や実験映画グループ〈ヴァン映画科学研究所〉(足立正生ほか)などとも,また海外の〈フルクサス〉とも横断的な関係をもった。…

※「一柳慧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一柳慧の関連キーワード筒美京平磯部俶市川昭介加古隆佐藤勝芝祐久渡久地政信服部克久船村徹松平頼暁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一柳慧の関連情報