コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェアデ シェアデ Schéhadé, Georges

2件 の用語解説(シェアデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェアデ
シェアデ
Schéhadé, Georges

[生]1910.11.2. アレクサンドリア
[没]1989.1.17. パリ
レバノンの詩人,劇作家。アラビア語フランス語シュルレアリスム的作品を書いた。『ボブル氏』 Monsieur Bob'le (1951) ,『ポエジー』 Poésies (52) ,『バスコ物語』 Histoire de Vasco (56) ,『ブリスベーンの移民』L'Émigré de Brisbane (65) などの作品がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェアデ
しぇあで
Georges Schehad
(1910―1989)

レバノン国籍のフランス語作家。エジプト、アレクサンドリア生まれ。パリで法律を学ぶかたわら、ブルトンやシュペルビエルなどと親交を結び、1938年サン・ジョン・ペルスの仲介で処女詩集を刊行。詩集2巻のほか、劇作に専念し、51年ジョルジュ・ビタリの演出で『ボブル氏』がパリのユシェット座で初演された。その後『箴言(しんげん)の夜』(54年ジャン・ルイ・バロー演出)、『すみれ』(1960)、『ブリスベーンの移民』(1965)などがある。夢と神秘にあふれた幻想的な文体で、イヨネスコ、ベケットなどとともに50年代を代表する劇詩人と目された。[利光哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェアデの関連キーワードアレクサンドランアレクサンドリア教校アレクサンドリア文庫アレクサンドロフスキー宮殿ALEXANDRITEアレクサンドリアの大灯台チェチェンへ/アレクサンドラの旅アレクサンドロフ, アナトーリイアレクサンドロス[1世]アレクサンドロス[3世]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シェアデの関連情報