コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェアデ Schéhadé, Georges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェアデ
Schéhadé, Georges

[生]1910.11.2. アレクサンドリア
[没]1989.1.17. パリ
レバノンの詩人,劇作家。アラビア語,フランス語でシュルレアリスム的作品を書いた。『ボブル氏』 Monsieur Bob'le (1951) ,『ポエジー』 Poésies (52) ,『バスコ物語』 Histoire de Vasco (56) ,『ブリスベーンの移民』L'Émigré de Brisbane (65) などの作品がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェアデ
しぇあで
Georges Schehad
(1910―1989)

レバノン国籍のフランス語作家。エジプト、アレクサンドリア生まれ。パリで法律を学ぶかたわら、ブルトンやシュペルビエルなどと親交を結び、1938年サン・ジョン・ペルスの仲介で処女詩集を刊行。詩集2巻のほか、劇作に専念し、51年ジョルジュ・ビタリの演出で『ボブル氏』がパリのユシェット座で初演された。その後『箴言(しんげん)の夜』(54年ジャン・ルイ・バロー演出)、『すみれ』(1960)、『ブリスベーンの移民』(1965)などがある。夢と神秘にあふれた幻想的な文体で、イヨネスコ、ベケットなどとともに50年代を代表する劇詩人と目された。[利光哲夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シェアデの関連キーワード新聞小説フレーブニコフ田岡嶺雲ニコラ1世アフリカ神話有島武郎桂太郎内閣都市気候夏目漱石表現主義

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android