コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェフィールド・プレート Sheffield plate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェフィールド・プレート
Sheffield plate

熱融解によって銀張りした銅板。成形のとき銀板と銅板が分離することがなく,自由に加工できる特色がある。 1742年頃イギリスのシェフィールドの金工トマス・ボウルゾーバーが発明し,その地で発達したのでこの名がある。材料の安価なこと,外見の豪華なこと,工作処理の容易なことなどから,シェフィールドを中心に 18,19世紀に大流行した。鍋,コーヒー・ポット,キャンドル・スタンド,ボタンなど銀器として作られていたものを多く模作した。初めは銅板の片面だけに銀張りしたが,65年には両面銀張りもできるようになった。 1840年代に電気分解による銀張り法が導入されたため衰退し,78年までには終焉した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のシェフィールド・プレートの言及

【シェフィールド】より

…しかし本格的な重工業の成立は,ヨークシャー炭田の開発される産業革命以後であり,1859年設立のベッセマー製鋼所を中心とする,銃砲身,船舶用装甲板などの特殊鋼生産に特色を有している。また1742年ころから開始された銀めっき銅製品(シェフィールド・プレート)の生産も有名である。現在では伝統的なナイフ,はさみのほか,兵器,車両,活字,缶詰などの製造も行われている。…

※「シェフィールド・プレート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android