シチジン

  • cytidine

化学辞典 第2版の解説

1-β-D-ribofuranosylcytosine.C9H13N3O5(243.22).略号CydまたはC.ピリミジンヌクレオシドの一種で,リボ核酸の構成成分として広く生体内に存在する.針状結晶.分解点230 ℃.+29.6°(水).pK4.15,12.5.λmax 280 nm(ε 1.34×104,pH 2.2),271 nm(ε 9.1×103,pH 8.2).シチジンの6位のアミノ基は,ほかのヌクレオシドのアミノ基に比べて反応性に富む.亜硝酸の作用でウリジンに変化する.また,臭素水を作用させると5′-ブロモシチジンとなる.LD50 2700 mg/kg(マウス,腹腔).[CAS 65-46-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android