コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シチュエーションルーム シチュエーションルーム Situation Room

翻訳|Situation Room

1件 の用語解説(シチュエーションルームの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シチュエーション‐ルーム(Situation Room)

《英語では「Sit Room」ともいう》米国のホワイトハウス西棟の地下にある状況分析室。約30名の職員が24時間体制で国内外の情勢を監視。国家安全保障会議NSC)・国家安全保障担当補佐官・大統領に最新情報を提供し、緊急事態への対応を支援する。また、大統領が重要な作戦や重大な事件の状況確認や、世界各地に展開する米軍や各国首脳と秘匿通信などを行うために使用する。1961年のピッグス湾侵攻作戦失敗を契機にケネディが設置した。WHSR(White House Situation Room)。
[補説]ホワイトハウス東棟の地下には大統領危機管理センターPEOC)がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シチュエーションルームの関連キーワードワンルームマンションツインルームデビュタントハイウエーSITTEFLノーアイロンパーキングランプダブルベッドルーム横歩(ヨコアシ) (APPUYER(仏))

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シチュエーションルームの関連情報