コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座り込み スワリコミ

デジタル大辞泉の解説

すわり‐こみ【座り込み】

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すわりこみ【座り込み】

意思表示・抗議などの手段として、特定の場所に座り込むこと。シット-イン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

座り込み
すわりこみ
sit-downsit-in

運動主体が特定の場所に座り込むことによって、運動の敵に対して直接的な打撃を与えることを意図したり、自分たちの要求を第三者に広くアピールしたりすることをさす。本来はおもに、労働者が生産点に座り込み、自分たちの職場を守り、職制に対して直接的な攻撃をかける闘争(シット・ダウン・ストライキsit-down strike)のことをいった。これは、会社側のロックアウトを防いだり、団体交渉に応じない会社側を交渉のテーブルにつかせたり、組合員の団結力を固め、表示するために有効であった。アメリカの公民権運動において、白人のランチカウンターに黒人が座り込むsit-in戦術をとって以来、労働組合運動だけではなく、社会運動一般において、自分たちの要求や主張を広く国民にアピールするために用いられることが多くなっている。[矢澤修次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

座り込みの関連キーワードカーマイケル(Stokely Carmichael)バイニング エリザベス・グレイ谺雄二(こだま・ゆうじ)タワックル カルマン空港境界基準くい打ち米軍北部訓練場威力業務妨害罪黒人解放運動史反核・平和運動ピケッティング渡辺 喜美江升川 貴志栄非暴力主義栗林 三郎シットイン紙野 柳蔵森滝 市郎平和祈念像渡辺喜美江核廃絶運動

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

座り込みの関連情報