コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シバーリク山脈 シバーリクさんみゃくSiwālik Range

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シバーリク山脈
シバーリクさんみゃく
Siwālik Range

ヒマラヤ山脈の南端部を構成する山脈。ヒマラヤ山脈の主脈南方に,ほぼこれと平行して東西に連なる。全長約 1600km。平均標高 600~900m。ヒマラヤ造山運動後期に形成された褶曲山脈で,おもに新第三紀の砂岩,頁岩礫石からなる。その東端はインド,シッキム州のティスタ川西方で,そこからネパール南部,インド北西部を経てパキスタン北部に達する。標高 3000mをこす山もあるが,全般に低く,主脈との間にドゥーンと呼ばれる谷がある。ガンジス川流域平野から急勾配でそそり立ち,南北交通上の大きな障壁をなしている。脊椎動物の化石が出土。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シバーリク山脈の関連キーワードマハーバーラトレク山脈ムザファルナガルチャンディーガルホシャールプルビラースプルハルドワールインド亜大陸ナイニタールデラドゥーンビジノールマンディムソーリバターララビ川シムラケリ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android