コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シビルの神託 シビルのしんたくSibylline Oracles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シビルの神託
シビルのしんたく
Sibylline Oracles

シビュレの託宣ともいう。旧約聖書偽典新約聖書の偽典がある。前者は前2世紀から紀元2世紀にかけて成立し,後者は2世紀中葉から3世紀初頭に成立した。いずれも古代ギリシアの有名な女性託宣者シビルの名をかり,ギリシア語で書かれた。前者は離散後のユダヤ教宣教の目的で書かれ,一神教の主張,メシアの待望,ユダヤ人の栄光の預言,終末思想などを含む。キリスト教徒の間にも好評を博した。後者はユダヤ教文書を土台にした第1,2巻と純粋にキリスト教の文書第6~8巻から成る。イエスの来臨,キリスト教の成立,異邦人教会の成立,エルサレム陥落,ユダヤ人の追放,終末の裁き,ローマの裁きなどを含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シビルの神託の関連キーワードシビュレ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android