コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁き/捌き サバキ

2件 の用語解説(裁き/捌きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さばき【裁き/×捌き】

(裁き)理非を明らかにすること。裁判。審判。「法の―を受ける」「神の―が下る」
手先を使って物事をうまく取り扱うこと。「袱紗(ふくさ)―」
「鋏(はさみ)の―がまるで下手なくせに」〈高見故旧忘れ得べき
ごたごたした物事を処理したり管理したりすること。
囲碁で、弱い石や孤立した石の始末をうまくつけること。
将棋で、局面を進展させるために、駒を十分に活用し働かせること。
連歌・連句の席で、一座の宗匠が付句の運びがうまくいくように指導すること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone