コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁き/捌き サバキ

2件 の用語解説(裁き/捌きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さばき【裁き/×捌き】

(裁き)理非を明らかにすること。裁判。審判。「法の―を受ける」「神の―が下る」
手先を使って物事をうまく取り扱うこと。「袱紗(ふくさ)―」
「鋏(はさみ)の―がまるで下手なくせに」〈高見故旧忘れ得べき
ごたごたした物事を処理したり管理したりすること。
囲碁で、弱い石や孤立した石の始末をうまくつけること。
将棋で、局面を進展させるために、駒を十分に活用し働かせること。
連歌・連句の席で、一座の宗匠が付句の運びがうまくいくように指導すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さばき【裁き】

〔動詞「裁く」の連用形から〕
正邪・理非の判断をすること。また、その判断。審判。裁断。 「 -が下る」 「 -を受ける」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裁き/捌きの関連キーワード明らめる語義審理董狐分析論弁雪冤糺す理訴業務分掌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone