コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シフトJISコード シフト ジス コード

4件 の用語解説(シフトJISコードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シフトJISコード

コンピューターで日本語を表示するために1文字ずつに番号を割り当てた、文字コードのひとつ。多くのパソコンで標準の日本語用の文字コードとして使われている。JIS規格で定められたJISコードを改良したもので、JISコードが7ビットで文字を表すのに対して、シフトJISコードは、すべての文字を2バイト(16ビット)で表す。文字の先頭の8ビットで半角文字全角文字かを区別できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

シフトJISコード

パソコン上で日本語を表示するための文字コードの一種で、JISコードをもとに改良が加えられたものです。ウィンドウズではこの文字コードがよく利用されていました。
⇨JISコード、文字コード、ユニコード

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シフト‐ジス‐コード【シフトJISコード】

shift JIS code》⇒シフトJIS

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

シフトジスコード【シフトJISコード】

日本語用文字コードの体系のひとつ。マイクロソフトが策定。JISコードを改良し、漢字を含め、アルファベット・数字・記号などのすべての文字を16ビットの情報量(最大65536文字)で表現する。マイクロソフトのオペレーティングシステム「Windows」をはじめ、各種プラットフォームで使われている。◇「S-JIS(エスジス)」「MS漢字コード」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シフトJISコードの関連キーワードデジタルコンピューターニューロコンピューター専用コンピューターウエアラブルコンピューターコンピューター組版ハイブリッドコンピューターミニコンピューターコンピューターモニタリングボードコンピューター無停止コンピューター

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone